FC2ブログ

11月≪ 2018年12月 ≫01月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2015.10/06(Tue)

丹後駅伝 予選会2015

【10000m】
 記録:31'27"

今回はレース展開を事前に考え、一緒に走る後輩とかなり相談していた。
考えられるレース展開は全通り考えた。




【More・・・】


最終組、号砲。

いつも通り後方からスタート。
外側の選手もスロースタートだったため、かなり回りこんで加速し、集団の中央に位置、外側スタートの選手と合流。

1~4組の結果から、予選突破ボーダーの12位以内には入っているだろうという予想なので、難しい作戦は考えず普段のレースプランで走ることにした。

予想通り、兵県・近大だけが抜け出し、あとはナイター組を含める大集団に。集団先頭は学院。

1周目通過、75。比較的スロー。
とにかく集団に楽についていくことだけ考える。
滋賀と神戸の3回生2人をマーク。

バックストレートの風が強く、誰も前に出たがらない。
早くも2000m過ぎで78秒かかりだした。
息は上がらないものの、動きに余裕はない。

集団が大きく、接触が多い。
隣の選手に押されたり、周りで背を押したりしてるのが見える。
転倒だけは避けたい。

先頭が変わるたびにペースが4秒くらい変動し、その度に集団が伸び、
位置取りが移動する。

5000m通過15'53"。
遅い。

その1周後だった。
兵県が周回でもう後方から抜いてきた!
去年は8800m地点だったから、予想外の速さに動揺してしまった。

集団が動く。
神戸4回生が先の周回の選手についてく。
それに続いて京工繊、奈良学、と続々と集団の選手がついていく。

ついていくか一瞬悩んだが、74秒より明らかに速いペース。
7000m手前では74を切らないと決めていたので後方待機を選択。
残った集団の選手についていく。

みるみるうちに先の先頭との差が開いていく。
自分は手元のラップで77秒。

後方から黄色いユニフォームが追い抜いてきた、続いて黄色がもう一人。
現状からペースアップはしんどいけど、阪大に負けるわけにはいかない。
2人の集団についていく。

スタート地点に戻って、ラップ確認、75秒。
少し苦しい。
100m走って、自分に表示してくれている残り周回は「9」。
もつかどうか…

そこからは、ついていくことにひたすら集中。
脱力、脱力、脱力。

100mほど前方では、神戸4回生と後輩が、京工繊率いる集団になんとか食らいつき、離れようとしていた。
後輩が吹いてしまわないか心配。
落ちてきたら声をかけようかなどと考えていた。

耐えて、耐えて、耐えて。
残り4周、3周、2周。

前方との差が近づき、射程圏内に入ってラスト1周。
鐘が鳴る。まだだ…

ラスト250mで後ろからびわスポが抜いてきた、結構なスピード。
加速してついていき、びわスポの外側に出る、後輩は目前。

そして自分の足元に、直線の終わりを告げる白線が――


一気に加速

後輩が近づいてくる、その前には神戸…


思わず叫んだ
「○○ー!!行くぞおおおお!!!」

最大スピードで2人を抜き去って

最後の直線へ、赤いコーンの外側、
ラスト50m
「うおおおおおおおおおおおおお」

なんと、外側から後輩が叫びながら抜いてきた

「あああああああああああああ」
叫び返したがこっちはもう加速できねぇよw

ラストで競り負け、後輩に少し遅れてゴールラインを越えた。


後輩、31'26"
自分、31'27"


ゴールの瞬間の視界は、
この夏の合宿の、坂ダッシュ最後の1本と重なっていた。


こいつには勝てないな、嬉しくもそう思った。


こういう試合振り返りも久し振りにやってみた。
よく走れたなと思うレースじゃないと書いてて楽しくないしw

レース内容としては大成功と言いたい。
が、後ろから阪大が来なかったらと思うとゾッとする。

単独走なら32分フラットも十分有り得た。
一人で75で押して行ける力は無い。

西京極は風強いし、タータンが走りにくいとも思った。
1レーン外側だけ異様に柔らかく、1レーン内側と2,3レーンは硬い。
そしてどちらも跳ねない。

競技場の批評はこれくらいにして、次の大目標が駅伝。
中間目標として種目別。

去年の京都駅伝の頃の走力まで戻したい。
関連記事
16:02  |  陸上競技  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://natsukashisa.blog84.fc2.com/tb.php/271-7bc8cb22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。