FC2ブログ

11月≪ 2018年12月 ≫01月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2015.11/11(Wed)

10月26日~

【26日(月)】13km
 50分jog

土曜日で掴みかけた「左足を体内よりで接地」を意識。

速いjogの中でやってみたが、どうもハムストにきた。

練習後にスタビ5種の最終種目を再度やってみた。
それで片足を上げたとき、左右で使う筋肉が大きく異なることに気がついた。

右は殿筋で、左はハムストで支えている。
考えられる違いは以下。
・足の接地場所(曲げ具合)
・骨盤の歪み
・左肩甲骨の固さ
・胴回りの筋肉の固さ
原因はひとつじゃない気がする。

骨盤を直す体操として、その場ジャンプを教えてもらった。
ただジャンプするだけ。一番高く飛べた状態が最善。

あと肩甲骨まわりのほぐし方。
背中側でタオルをの両端を握る
あぐらをかいて座る
1.骨盤から左右に傾く
2.上体を左右にねじる
3.パワーポジションを取って、上体を左右にねじる

あと、キャット&ドッグの姿勢、胴を回しながらやる。
このとき、腕と膝を地面に垂直にする。
ぐるぐる滑らかに回せるのが目標。

駅伝までの一ヶ月間、上体柔らかくしようキャンペーンにする!!



【More・・・】


【27日(火)】11km
 400mインバル×12本(70)
ラスト3本free:65-67-64

スピード練。

昨日のお陰で肩甲骨まわりが筋肉痛だった。
一方で下半身の動きが良かった。

腰を高くして、接地からの重心移動を滑らかにできるよう意識。
これが成功して、左ハムストはほぼ使うことなく走れた。

腰を高く、接地を後ろ気味にするのがいいかもしれない。

ラスト3本は力差が出た。
9本目でしんどくなって、10本目は粘れたが、11本目がAceから少し離れてしまい、12本目は2回生にも負けた。

最後の粘りはできなかったものの、フォームを崩すことなく終われたのは大きな収穫。
この調子で練習を積んでいきたい。



【28日(水)】14km
 長居8kmBU
(3'30"-26"-28"-20"-17"-16"-11"-10")

よく走れた。

今日も腰を高くするのを意識。
接地からの重心移動が滑らかになる。
ついでに接地時の膝の曲がり角が小さくなる。

爪先の踏ん張りを減らすことでふくらはぎ・ハムストの力が抜けた。

上体の前傾具合は掴むのに時間がかかった。

でもうまく填まったから、どんどんビルドアップするペースに対してもほぼフォームを崩すことなく走れた。

うまく走ると本当に大殿筋で進める。
背筋と腹筋でバランスを維持してるみたいで、走り終わってから特に背筋が疲れていた。

大殿筋は回復も早いから、質の高い練もどんどん積める。

このフォームの精度を高めて練習を積めれば大きく成長できるはず。



【30日(金)】4km
 20分jog

抜き練。

爪先で踏ん張らない水曜日のフォームで走ってみると、jogがとても走りにくい。

短距離同期に聞いてみると、足が流れすぎてると言われた。
踏ん張りは0ではなく、少しは必要なのかもしれない。

あとトランポリンを試してみた。
ジャンプし続けて、軸が通ったら飛び出してそのまま流しをするというもの。

頭まで軸を通ったときの感覚に驚いた。
去年の同時期、あれだけ悩んだことが、トランポリンで数十回飛ぶだけで掴めるなんて。

これが地べたでもできるようになれば、もう少し早く走れる。



【31日(土)】12km
 10000mラビット(34'37")

体大でラビット。

引っ張るの下手くそでした。



今週の走行距離:54km
関連記事
13:12  |  陸上日誌  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://natsukashisa.blog84.fc2.com/tb.php/273-72c86c18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。