06月≪ 2018年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2015.12/30(Wed)

2015年 自転車旅 三日目 ~乗鞍ヒルクライム!~

おはよう…
さ、寒い…
目が覚めてしまった。



【More・・・】


こういう時の対処法は、雨合羽を着る!
温まってきた…おやすみぃzzz



(Take2)
おはようございます。

時刻は8時過ぎ。
遅ぇww

いつもだんだんと起床が遅くなるのどうにかならないかなぁ(ならない
テントでパンを食し、エネルギーと気合を補給。



平湯キャンプ場、三日目の朝。
テントから出ると、昨日のチャリ部の人たちは撤収して居なくなっていた。
また会えるかな…



時間も遅いのでさっさとテントをたたむ。
ロープを片づけ荷造りして、キャンプ場の売店へ。

ここから山頂までは無補給で行かないといけない。
パンと水を購入して、準備は万全!

昨日行けなかった乗鞍へリベンジ!!



まずはゲートのある平湯峠まで。

昨日は数分で下れた道を、ゆっくり上っていく。
サイコン付けてないから速度は分からないけど、たぶん5km/hくらい。
激坂がずーっと続く。

森の中で涼しい気温なのに汗が滴ってくる。
でもヒルクライムは始まったばかり、頑張っちゃいけない。



平湯峠
40分くらいかけてようやく空が開けてきた、平湯峠!



いったん駐車場で休憩。
すると、ほうの木平側からピンク色のサイクルジャージを着たおっちゃんが登ってきた。

なんと同じくキャンツー装備。
僕とおっちゃん、二人ともヒーヒー言いながら「坂キツいですね~」なんて。

「お元気ですね~」
って言ったら、
「坂登ってるとね、(頭指差して)麻薬出ちゃってるかね、辞められないよ(笑」
と返された。



僕も上り坂で毎回後悔するのに、いっつも峠越えが旅ルートに入ってるのは脳内麻薬のせいだったのか←
死ぬほどしんどいのに、またやりたくなる不思議。

とか雑談してる間にも、続々と自転車の人が坂を登っていく。
みんな激坂依存症なんだね(^^;

そして、おっちゃんも「ゆっくり上るよ~」と言って先に行ってしまった。



自分も息が落ち着いたところで、再出発。
午前10時、平湯ゲートへ。

平湯ゲート
昨日は怖い剣幕で止められたゲートの人たち。

「こんにちは~」
「こんにちは~」

調査かなんかで、出身地や訪問目的などを書いてと紙を渡された。

「クマが出るかもしれないから気を付けて~」
「行ってきまーす」

クマ見てみたいけど、襲われたらいやだなぁ…
まぁ出ないだろう!行くぜ!



ゆっくりとペダルを回して進んでいく。
ギアはインナーローで変えることはない。

すぐにさっきのピンク色のおっちゃんに追いついた。

「速いね~」
「頑張りましょう!!」

山ではみんな仲間。

おっちゃんは止まっては登りを繰り返していた。
無事に山頂まで登れることを祈る。



ゲートから道の両側は森林で、眺めも良くない。
途中に距離表示もないから、精神力がゴリゴリ削られる。

なんでキャンプ装備で激坂登ってるんだろう
バカじゃねぇの(笑



っと、目の前に観光バスが止まっている。
これは前に聞いたことがあるぞ…

そう、工事用の信号機。
道が狭くなってるから、片側通行で車両をやりくりしている。



待てよ?
この信号スパン、絶対自動車用に作られてるけど、もし遅れてしまったら、向こうから…

そう考えているうちに、観光バスが出発した。
やっべぇ!行っくぜええええ!!



バスを追いかけて全力でペダルを回す!
何メートルあるか分からないけど、轢かれたくない!!

もうギブ…っと思ったその時、前方に対向バスが止まってるのが見えた。
なんとか信号区間を通過。振り返るとすでに信号機は青になっていた。

バスの運ちゃん、ありがとう…(T_T)


そこからはときどき足が止まったとき休憩しながら進んでいった。
つづらおりの道が続いている。



カーブを曲がったところで、小さな展望台があった。
自転車のおじちゃん3人組が談笑していた。

RALEIGH同士
そのうちの一台が、なんと同じRALEIGH!

同じメーカーの自転車に遭遇したのは初めて。
しかもこんな山奥で…(^^;

黒のCarltonもカッコいいな~

おじちゃんたちは下りだったよう。
挨拶をして、僕はまた上っていく。



平湯峠から1時間ちょっと。
ようやくつづらおりの道を脱出。

乗鞍スカイライン、視界が開けてきた
足を止めて休憩しても、荷物が重くてフラついてしまう。
すでに足はふらふらw

後ろに積んでいた水を、空になってしまったボトルに継ぎ足した。
汗がすごい(笑


ここから少し傾斜がマシになって、視界も開けてきた。
いよいよ尾根線を進んでいく。

雲がかかってきた
と思ったら雲がかかってきた、ついてない…
森林限界を超えて高山植物と岩肌の世界。



Z字1回目
乗鞍スカイライン名物(?)、Z字の道1つ目。

下の道が小さく見える
見上げるとその高低差に圧倒される。
上から見ると、登ってきた道があんなに小さい。



Z字2回目
Z字の2つ目。
ここで初めて、自転車の人に抜かされた。

「ちょっと晴れてきましたね」
「こんにちは~」

つづらおり
速い。あっというまに消えて行った。
ヒルクライム勢おそろしや



乗鞍の高原
雲の白と、緑。
コントラストが美しい。

高原の景色に魅了されて、疲れは吹っ飛んで行った。



だんだんと坂もなだらかになっていって、ペダルの回転数も上がる。

そして…

ゲートだ!
登った!登り切ったぞ!!

乗鞍ヒルクライム達成!
いやっほおおおおおおおおおおおおお!!!

祝!乗鞍スカイライン登頂!!
平湯峠から2時間40分、平湯キャンプ場から3時間半。



いやーキツかった、キツかった。

鶴ヶ池
最高の達成感に包まれて、畳平の駐車場へ。



と、そこで…

キャンプ場でいた、広大の弟さん御一行が。

「また会いましたね~」
「いまから帰るところです」

聞くところによると、キャンプ場から2時間弱で登り切ったとこのこと。
速すぎる…どんなカダラしてるんだ…!

チャリ部の人たちってすげー、改めて実感。

広大チャリ部の御一行と一緒に
一緒に写真を撮ってもらって、解散。

まだまだ旅は続くんだって。道中お気を付けて。



さて、畳平。

自転車がいっぱい(笑
信じられないことに、自転車がいっぱい。
バカばっかりww(自分もその一人←

乗鞍岳畳平、標高2702m
そしてこの景色ですよ



時刻はもう13時。お昼にしよう!
バスターミナル2階の食堂で…って高ぇ!
パスタが1000円越えって、さすがお山価格。

残金もあんまりないしなぁ…
てことで、考えた結果がこれ!

ひるごはん、600円也
600円也。

めっちゃ美味しい。

食べた後、安心してそのまま1時間ほど寝てしまったzzz



ここで若干足を捻っていることに気付いた。
坂で止まるときに変な角度で踏ん張ったのかな?

観光センターで聞いたら、湿布を貼ってくれた。
ありがたや~



さて、せっかくだしお花畑を散策しよう。

お花畑と太陽
澄み渡った緑と青。
都会では絶対に見れない。

お花畑
来てよかった。



時間が余ったので、何となく長野県側のゲートへ。

長野側県境ゲート
県境がここにある。



さて、少しずつ日が傾いてきたところで。
本日の宿、白雲荘へ。

今晩お世話になる、白雲荘さん
昨日たどり着けず急遽日程を変えてもらったことへの謝罪。
いいんですよ~なんて言ってくれた、宿の人優しいよ…(泣



木の温もりを感じる内装。
お部屋は8人部屋を2人で利用する相部屋。広いw

相部屋の方は写真撮影がお仕事のおじちゃん。
人を取るのがメインで、修学旅行とかで来てくれるアレ。

今日はオフで気分転換に風景写真を撮りに来たって。

一流のカメラと三脚を部屋に置いていた。
こんなん見てるとカメラ買いたくなるよね。



さて、こんな山奥だけどお風呂がある!
浴室も木製で、いい匂い。

ゆーっくり温まって、山登りの疲れが癒される。



そしてお風呂上りは晩御飯、すき焼き!

すき焼き
んもうホント美味しくてヤバイ。

ため息つきながらおいしい…って呟いて食べていた。
もちろんご飯は2杯おかわり。

満足すぎる、幸せ。



食後に館内をうろうろしていると、ちびっ子がいた。

「こんにちは~」
「こんにちは!」

東京から登山に来たんだって。
小学校中学年なのに、すごいアクティブなアウトドア。

おばあちゃん、お父さんとちびっ子の三代で登山。

なんとおばあちゃん、昔は凄腕の登山家だったとか。
今でも現役だなんてすごいね!

三人に挨拶をして、部屋に戻った。



夕暮れ
まだ外は暗くないけど、とても疲れてるから一旦仮眠。
20時にアラームをセットしておやすみ~


zzz…


ピピピッ!
眠い…でも、星を見るぞー!

重い足を引きずって外に出ると、そこは…



真っ暗。



しかもめーっちゃ寒い。
出て10秒でくしゃみが止まらなくなった。

フロントのおっちゃんが、夕方から曇ってきてね~残念。だって。
明日が雨の予報だし、厳しい旅になりそうだ。



晴れになることを祈りつつ、また部屋に戻って寝ることにした。
布団で寝れる幸せ。

湿布
足よ、治れ~!




本日の走行距離:20km
関連記事
12:14  |  自転車  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://natsukashisa.blog84.fc2.com/tb.php/285-7a2ba960
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。