FC2ブログ

08月≪ 2018年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2016.10/04(Tue)

9月26日~

【26日(月)】2km
 散歩25分+BCT

疲れ切って走る元気がなかった。
町内1周散歩して、その後BCTで体幹刺激。

こういう日を減らさないといけないな。
練習強度の波を一定にしたい。

【More・・・】



【27日(火)】11km
 30分jog+1000m(3レーン2'55")

スピードを入れた。

1レーン相当タイムで2'48"。
全盛期より4秒遅い。

もう少し走れて欲しいが、これが現状。
スピードはあるのにスピード持久ができない。

間を詰めるインバル練は、連戦が終わるまでお預け。
明日は4000mでレース感覚を掴む。
84ペースで1本の予定。

2本走りたいが、4日前というのを考えると走りすぎが怖い。


【28日(水)】9km
 長居4000m(3'30")

雨。

最後の刺激で3'30"ペース走。
自分は余裕があったが、一個下の後輩と同期が離れてしまった。

いい感覚で終わらせてあげたかっただけに、そこが悔しい。
引っ張った入りのペースは3'27"-3'30"と悪くないはずだけど、細かい変動が大きかった気がする。

感覚としては3'30"で10km走れるくらいの実力までは戻った。
31分台は充分狙える。
あとは乗りに乗った後輩に食らいついてやる。負けへんで!


【29日(木)】5km
 20分jog(流し2本込み)

足は重め。
でも普段の試合前よりは軽い。

走る感覚で、拇趾球を含む横一線で地面を掴むとよく進むことが分かった。
もっと精度を上げて拇趾球だけで掴めるといいんだけどな。


【30日(金)】6km
 20分jog(流し1本込み)

疲労抜き。
足は割合軽め。BCTも楽に出来た。

やっぱり接地位置は後方の方が楽に走れる。
けど、色々試してもフォームハマる瞬間の法則は分からない。

試してる間にスーッとハマる感覚がして急にスピードを上げれるようになる。

明日はこれを掴むまでjogして、明後日当日もアップで掴んでおきたい。


【10月1日(土)】4km
 アップ、体操、ストレッチ、
 BCT(基本各5回)、ドドリル、5分jog、
 400m(76秒)、ダウン、ストレッチ

記録挑戦会、前日。

往き道で自転車で転けた。
右手と右膝を負傷。擦り傷で済んで良かった。

jogは3分でハマった。
が、ただハマってスピードに乗っただけでは脱力できてないことが分かった。

前腿やハムストを使っている。
そこから大殿筋だけを意識して走れるように作っていく必要がある。

あと、400mでは乳酸が溜まるような感覚があった。
足が軽くて速く走りすぎてる。

jogである程度重くしておかないと、突っ込みすぎてふいてしまう可能性がある。jog加減が重要になってくる。

明日の目安ランナーはびわ学の2番手。
先週に31'48"で走っている。これに付いていければ31分台は出そう。
前半は彼をマークする。

決して万全ではないが、出来ることをやろう。
目指せ31分台復帰!!


【2日(日)】14km
 最終記録挑戦会10000m
 記録:32'45"(4位)

ダメダメな記録。
しかも、出場者ほぼ全員で。

72入りで3'04"通過。
集団が出来たり追い付いたりしてラップ変動しつつ、6'13"-9'23"と続く。

しかし、そこから
78-80-82-83-85
と、第2集団は大きく減速。
5000mは16'07"通過。

地獄絵図のような耐久レース。

神戸の1回生に80~82で引っ張ってもらった。
第2集団から前に飛び出した選手が2周で落ちてきて後方に消え去った。

いつも通りラスト200でかわして32'45"。
酷いレースだった。

反省点を整理。

全体的に例年より60~90秒遅いレース。
先頭も32分掛かってたし、タイムは気にしないことにする。

途中、腹筋が辛くなった。
体幹が足りてない。と同時に、体幹に頼りすぎたフォームになっている。
腹筋も脱力できるように意識。

展開の仕方も、飛び出した選手に反応して追い駆けたが出遅れ(というか相手のスピードを危険だと判断して諦め)、後続に追い付かれる待ちをすることが多かった。

もう少し無駄を少なく、瞬時に判断したい。

さらに、今回の記録会全体の敗因は

SB更新しないと意味の無い記録会
→全員突っ込む
→コンディションの悪さで死亡

が大多数だった。

例年なら、前の組の撃沈ぶりを見て慎重に入ったはず。
エースなら予選会では外せない。

それが、上のような思考で全員吹いた。

記録審査システムと、悪条件が重なった結果である。

今回の理想を言えば、皆が突っ込んでも自分だけ落ち着いて入って刻むのが正解だった。
そこまで出来れば「強い」選手になれる。

率直な感想を言うと、予選会式の方が楽しかったなぁ……。


今週の走行距離:51km
関連記事
17:53  |  陸上日誌  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://natsukashisa.blog84.fc2.com/tb.php/333-4fdb5354
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。