09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2016.11/28(Mon)

11月22日~

【22日(火)】4km
 20分jog(流し2本込み)

駅伝明け。

調子よく走ってたが、10分過ぎから腿が上がらなくなってペースダウン。
そのままキロ6分くらいまで。

疲労はまだ抜けてないようだ。

明日から、マラソンに向けた距離練を開始する。
 
15:49  |  陸上日誌  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2016.11/24(Thu)

11月14日~

【14日(月)】6km
 1000m×2本+600m+200m+100m×2本
 (3'03", 3'04", 1'50", 35)

1000m, 600mの間は400m jogの2分繋ぎ。

周りの6区要員(予想)が14分台と聞いて、繰り上げスタート時の入り1000mが3'05"は必要だと思い、それに慣らす練習。

スピード練をしてない分、3'05"がきつい(切ってるけど)。
2,3本目でしんどい中いい感覚を掴んだのでメモ。

引き付け動作では、膝を水平に前方に突き出すイメージで行うと力まずに進める。
腕振りもコンパクトにし、同じく拳を前に突き出す。

ハイペースの中でどれだけ脱力できるかが、後半とラストの登りで60秒くらい影響してくる。
前半の集中力が大事。

明日で刺激は最後。
距離に寄せたスピード練を入れる予定。

11:44  |  陸上日誌  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2016.11/24(Thu)

11月7日~

【7日(月)】3km
 20分スローjog

試走明け、疲労抜き。

短距離の同期と雑談しながらゆっくりjog。
試走の疲労が酷かったし、たまにはこういう日もあっていいかな。

11:43  |  陸上日誌  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2016.11/24(Thu)

10月31日~

【31日(月)】4km
地元で20分jog(坂登り5本込み)

6区の新コース、入道峠の対策。
家の裏の坂で、ダッシュほどではないがテンポ良く走る練習。

jogから足が重かった。
土曜日を気持ちよく終えてこれだから、上げ切ってたら目も当てられなかっただろう。
自分の調整の仕方・感覚を信じて良かった。

登り坂テンポ走ではフォーム確認。

腕を掬い上げるように振る意識。
これはOK。

問題は足の意識と体の前傾の程度。

今のところの最適に感じたのは、
・足は腿上げのように素早く膝を上げる意識
・体はかなり前傾で、反発というより接地の摩擦の反作用で坂の上方へ進む(うまく表現できない…)

という感じ。もっと分かりやすい意識を見つけよう。

今週はケアがどれだけ出来るかが、勝負の分かれ目。

11:42  |  陸上日誌  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2016.11/24(Thu)

10月24日~

【24日(月)】7km
 BCT、30分jog(流し2本込み)

jogの日。

昨日に比べて、新しいフォームの感覚が鈍くなった。
さっそく崩れてきてる証拠。

手と同時に膝をスッと「前に」出す、膝から下は脱力。
集中してこれを行えば填まるが、気を抜くとすぐ崩れる。

集中集中、ハッ!!
 
11:40  |  陸上日誌  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2016.10/24(Mon)

10月17日~

【17日(月)】6km
 アップ、体操、BCT、ドリル、
 10分jog、200m(35"6)、
 ダウン、ストレッチ

種目別、前日。

疲労は殆どない。
今回は前日も多目に走ることにした。

最近は足が軽すぎて突っ込んでしまうことが多かった反省から。

jogは最初からハイペースで走れた。
ハムストに少しだけ力を入れる意識。

適当に走っていたら力んでしまう。
力を0に漸近させていくといいフォームで走れる。
脱力と緊張の間で効率のいいフォームを見つけられるか、そこがポイント。

明日の戦略を。

タイムの信頼できる人は誰もいない。
龍谷の補欠、甲南のサブエース、体大、
あとは神戸、学院、佛大くらいか。

これだけいれば15分一桁で走る人は必ず出てくる。
突っ込みすぎないのがポイント。
スピード耐性はそこまでない。

入り36秒、1000m通過は2'55"より遅く。
前はもっと速く入るが、そこは我慢。
1000~3000mでゆっくり追い付く。

3000mからは気温の影響で耐久レースになる。
4600mまでいかに消耗しないかが最も重要。
そのためには、3000mまで余裕を持ってイーブンで走る、4600mまでついていく。

ラスト400mは、周りの呼吸聞いて出れるか判断。
勝てそうなら自分から仕掛ける、無理そうなら200mまで我慢。

ラスト200mは初めから全力で。
タイムを0.1秒でも稼ぐ。後半の組を考えて、順位を上げる可能性を極限まで上げる。

何が起こるか分からない。
2年前の西カレを思い出せ。

作戦は整った。
あとは、明日そのまま実現させるだけ。

行くぞ。
13:54  |  陸上日誌  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2016.10/14(Fri)

10月3日~

【3日(月)】2km
 10分jog、体操、ストレッチ

内定式。

帰宅してアップなしで10分jog。

体幹を使わないことと、殿筋を意識。
殿筋のみを使うために、腿の根元を動かす意識を心がけた。

殿筋を触りながら走ったけど、かなり感覚が鈍っている。
寝転んで大殿筋を左右片方ずつピクピク力を入れる運動で感覚を取り戻したい。

体幹を使う癖が付いていた。
出来るだけ力を抜き、また肩と腰の位相だけじゃなく移動量も同期させるように気を付けたい。
この意識はまだまだ改善しないといけない。
15:13  |  陸上日誌  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2016.10/04(Tue)

9月26日~

【26日(月)】2km
 散歩25分+BCT

疲れ切って走る元気がなかった。
町内1周散歩して、その後BCTで体幹刺激。

こういう日を減らさないといけないな。
練習強度の波を一定にしたい。
17:53  |  陸上日誌  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2016.10/04(Tue)

9月19日~

【19日(月)】4km
 10分jog×2セット

家の用事で早く帰宅するため、先に切り上げた。
17:51  |  陸上日誌  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2016.10/04(Tue)

9月12日~

【12日(月)】12km
長距離ナイター記録会
 32'09"(2着)

人生初の公認32分台。ついに32分を切れなかった。

ただ付いていくだけのレース。15'50"通過。
わりと序盤から余裕はなかったが、2位集団に付いていった。

先頭に追い付き集団吸収、だんだん脱落者が出てとうとう2人に。
ラスト5周で離れてしまった。
前のラップは78~79。

離されつつも粘ってラスト1周で詰めて、5秒差。
誰も31分台の壁を破れなかった。

フォームは悪くなかったと思う。
脱力出来てたと感じてるし、左右のブレもそんなになかったはず。

離れる直前は体幹(主に腹筋)が苦しかった。体幹不足。
あと、何人かから「足絞れましたね」と言われた。たぶん大腿四頭筋が落ちた。
接地の衝撃を支えるのもしんどかった。

そしてカラダ全体の実力低下。
練習量不足とも言い換えられる。

これからの方針は、疲労が抜けてから、関カレくらいの練習量に戻す。

BCT+[jog or PR]を中心としたメニュー。
たまにインバルやレペを入れる。

同時に体幹と四頭筋の強化。
BCTや補強、階段ダッシュで補う。

10月の試合ラッシュに向けて、健康的な強い肉体を作り上げる。
17:50  |  陸上日誌  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
PREV  | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。